海外不動産の投資を始めよう|確実に儲けるヒント

収益拡大につながります

女の人

積極的に考えよう

保証会社による家賃債務保証を入居者に必須とさせると、入居希望者が減るのではないかと懸念しているオーナーも少なくありません。しかし、この考えは改めましょう。なぜならば、家賃債務保証は貸主であるオーナーだけでなく、借主である入居者にもメリットのあるサービスだからです。オーナーにおけるメリットは滞納に対するストレスの軽減です。滞納は一度発生すると解消するまでにかなりの時間と労力がかかります。滞納は賃貸管理会社が処理するものと考えているオーナーもいますが、裁判になればオーナーに負担がかかりますし、回収にてこずっている間にさらに滞納額が増える可能性もあります。家賃債務保証を付けておけば、滞納が発生しても保証会社から家賃相当額が振り込まれるので、入居者希望者を受け入れるかどうかの判断をする際に、滞納の可能性を考慮する必要がありません。一方、借主である入居者におけるメリットは連帯保証人を探すストレスや、せっかく見つけた連帯保証人が否決されるストレスがなくなるという点です。家賃債務保証は賃貸仲介会社が窓口となっていることがほとんどです。家賃債務保証を条件としたい場合には、賃貸仲介会社にその旨を予め伝えておきましょう。最近では外国人留学生や非正規社員も増えてきており、部屋を借りたいけれども、連帯保証人がいないが故に貸してくれる部屋がない、といった事例も増えています。オーナーからしてみれば、賃貸債務保証を積極的に活用することで、連帯保証人がネックになっている入居希望者を自分の収益物件に呼び込むチャンスが生まれることになります。